「別にやらなくたっていい勉強」を、望んでやった結果得たもの

スポンサードリンク

別に、勉強なんてやらなくてもいい。

時間もかかるし機会損失(Aをやる時間をつくれば、Bをやるチャンスを失う、みたいなこと)多いし、投資としてはリスクがあるのかもしれない。

それでも、ハイリターンを掴み取れる自信があったからこっちを選んだ。

最高の方の、人生ルートを選んだと思ってる。

 

勉強をやるかどうかは、自分の自由

勉強は、別にやらなくたっていい。

やらなくても、死ぬことはない。

極論、親や先生も無視して、どこか遠くに家出して、そこで暮らしていけばいい。そういう選択肢もあるのだ。

勉強を適当にやって、適当な大学に行ってもいい。大学にいかなくたってもいい。

 

勉強すると、大事な時間を失う?

「勉強すると、一度しかない高校生の時間。大事な時間を失う。」こう考える人もいると思う。

高校生のうちに、友達とめいいっぱい遊んだほうがいいかもしれない。

高校生のうちに、たくさん恋愛をしといたほうがいいかもしれない。

高校生のうちに、たくさんスポーツをやっておいたほうがいいかもしれない。

これは、全員共通の正解でも、全員共通の不正解でもない。それは自分が決めることだ。

 

ぼくは「勉強ルート」を選んだ

失うものも、出てくるかもしれない。それでもぼくは、勉強する方を選んだ。

揺るがない武器を持ちたかった。

どこに行っても通用する、どんな状況に陥っても通用する、武器が欲しかった。

勉強したら、間違いなく自分が強くなる気がしたし、

勉強したら、間違いなく楽しい人生になると確信してた。

 

勉強した結果、得られたもの

勉強した結果、最高の人生ルートを歩いていると感じられている。

 

学歴

「学歴社会は終わった」なんて言われることがある。

「学歴社会が終わった」なんてことは、一部だけの話だ。

限られた大学にしか来ない求人はたくさんある。

出身大学を判断材料として、志望者を選別してる企業がまだまだいる。

学歴は、なくたっていいけど、あったら便利なのは間違いない。

 

面白い友達

いい方の大学に来て、思うことが、面白い人が多いということだ。

もちろん、小中学校の友達も最高なんだけど、大学で出会った人たちはまたちがった味がある。

和風と中華しか食べちゃいけなかった人が、「洋風も食べていいですよ」って言われた時のような、世界の広がりを感じた。

それまでにない味を味わうために、いい大学に行くのをおすすめしたい。

 

いい恋愛?

これはたまに言われることだ。いい大学にいたほうが、恋愛に有利かもしれない。

いい大学→いい給料

こういう理論かは分からないけど、男性も女性も、結婚相手の給料が高いのなら高いほうが嬉しいだろう。

給料は関係なくても、なんというか、人間的におもしろくなれるから、いい恋愛ができるというのもある。そう思ってる。

いい大学で、いい刺激を受けてきてるから、人間的な魅力も大きくなってきているんじゃないか?そう思う。

 

勉強への投資

全員に当てはまるとはおもってない。

それでも、勉強による自己投資は、いいものだ。

もし勉強に力を注ぐことに迷いがあるのなら、ぼくは背中を押してあげたい。

どっちかで迷っているなら、勉強の方に、足を突っ込んでみてほしい。

 

おもしろい人生が、待ってるから。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。